小さな男∧静かな声

「小説」が好きな人に、「小説以外」の本を薦めるブログ。趣味も入っています。

文学部体験本

文学部志望が読むべき、文学部みを体感できる本⑤『短歌の不思議』

文学部に入って得だなと思ったのは、いろんな種類の芸術作品に触れられたことです。 僕自身は本と日本語が好きで、小説をたくさん読みたくて文学部に入りました。 けど、 絵画、映画、演劇、写真、舞踏、テレビ、、、 文学部には本以外にも楽しい芸術にアク…

文学部志望が読むべき、文学部みを体験できる本④『怖い絵』

「美術」も文学部で学べる主要な学問のひとつです。 美術を学ぶ、というとその内容は想像つきやすい反面、少々とっつきにくい感はあります。 僕には絵の善し悪しなんて分からないよ、みたいな。 僕自身も美術館や博物館は嫌いではなく、ふらっと訪れることも…

文学部志望なら読むべき、文学部みを体験できる本③『銃・病原菌・鉄』、史学を学ぶ意義

文学部の講義を体験できるような本を紹介しています。 www.chi-shizu.net www.chi-shizu.net 文学部には様々な学問が内包されていて、これまで「文芸批評」「言語学」に関する本を紹介しました。 今回は「史学」です。 文庫 銃・病原菌・鉄 上 posted with …

文学部志望なら読むべき、文学部みを体験できる本②『言語学の教室』認知言語学

文学部に在学している僕が文学部の授業を体験できる本を紹介しています。 前回の記事では「文芸批評」を学べる本を紹介しました。 www.chi-shizu.net 今回は「言語学」。僕自身も言語学を専攻しているので、結構面白い言語学本を読んできたのですが、言葉に…

文学部志望なら読むべき、文学部みを体験できる本①『私学的、あまりに私学的な』

僕は文学部に在学している大学生なんですが、この場所は結構気に入っています。 好きなことを勉強できる!というのがデカい。社会生活に役立たないというのは確かなんですが、打算的なことを考えずにただ好きなことをできるのは楽しいです。 周りにもそうい…