小さな男∧静かな声

「小説」が好きな人に、「小説以外」の本を薦めるブログ。趣味も入っています。

厨二病に効く。『カラスの文化史』感想

こんな人にオススメ
  • 厨二病患者
  • ファンタジーが好きな人
  • 神話・童話が好きな人

 

 

「生活のカラス」と「象徴としてのカラス」

 

カラス。

 

結構、好き嫌いが分かれますよね。

僕はどうかといわれると、うーん、答えに迷います。

僕の家の近くにもカラスはまあまあやって来て、ガーガーと鳴きちらしたり、ゴミをあさってたりしています。

鳥の中でもサイズが大きい方なので、いきなり飛びかかられたらビクッとしますよね。

なので、「生活の中のカラス」は、嫌いかな、というか、嫌いでした。

 

一方で、カラスに底知れぬ魅力を感じているのもまた事実。

黒ずくめの体で羽を舞わせ飛び交うあの姿、なんともこちらの厨二病心をくすぐります。

漫画やアニメでも、カラス使いやキャラクターはメジャーだし、やっぱカッコイイですよね。

 

そんなわけで僕は、「リアルのカラスは嫌いだけど、象徴としてのカラスは好き」です。

 

そんな僕が表紙買いした本が、これ。『カラスの文化史』。

 

 

どうです、この表紙?

カッコよくないですか?ムズムズしませんか?闇夜を闊歩したくなりませんか??

 

漆黒の表紙に誘われ、僕はカラスのダークファンタジーに迷い込むのです......!!

 

意外と地に足ついてる

......と、いき込んだのですが、読んでみると、結構現実的なカラスの話するんですね、この本。やれ日本にはワタリガラスがおおいとか、やれ大きいカラスでこんぐらいだとか、

期待していた「象徴としてのカラス」でなく、「生活の中のカラス」がメインのようです。

 

あれ、ちょっと期待外れ?

と、思ったのですが、読んでみると面白い。

 

何が?

 

「生活の中のカラス」がです。

 

カラスは頭がいい。

カラスって、僕らが想像するよりずっと、頭がいいんですって。

なんでも、体のサイズを鑑みると、カラスは鳥類でもダントツで頭がいい。

それだけでなく、全動物の括りで見ても、なんの人間に匹敵する程の頭脳を持っているらしいです!

 

なんと言っても特徴は、道具を使える点。

餌を獲るため、カラスは道具を自作して使用することもあるのだとか。

え、確かにずる賢いイメージあるけど、お前そんな頭良かったの?

 

これからは、カラスがゴミを漁っている様子をまじまじとみてしまうかも。

 

カラスは人間くさい

この著者が本書で一貫して主張するのが、人間とカラスの共通点です。

オランウータンのような霊長類ならまだしも、進化の過程が異なる鳥類が、何故ここまで人間くさいのか?

この謎を、著者は興奮交えながら熱弁するわけですね。(ホントに顔赤くして力説されているのが目に浮かぶ、そんな本でした)

 

じゃあ、どこが似てるの??

 

1つは、前述した頭脳です。

そしてもう1つは、嘘をつくことです。

カラスって、嘘をつくらしいです。人間以外に嘘をつく動物なんてそうそういないとか。考えてみればそうですよね。

 

どんな嘘つくの?

 

それは......読んでみてください!笑

 

僕はこの本読んで、嘘の記述が1番面白かったですねー。日常のカラスが途端にずる賢くみえて、生活カラスと象徴カラスが繋がった感じがしました。

 

カラスのイメージは世界共通?

『カラスの文化史』では、前述の「生活カラス」の他に、「象徴カラス」を表す、世界中のカラスの童話・逸話が度々紹介されます。

これらを読むと、やっぱりカラスは狡猾・姑息なイメージが持たれてるんですね〜。

世界中にカラスが愛されていることが分かる気がしました。

 

本棚に置いておきたい1冊。

日常のカラスにウンザリさせられながらも、心の奥底でカラスにある種の憧れを抱いていた僕。この『カラスの文化史』という本は、その奥底の気持ちを引っ張り出して、「ほら、お前も本当はカラスが好きなんだろう!?」と図星を突かれた思いにさせられました。

おかげで今の僕はすっかりカラス好きです。

 

あなたも本当は、カラス、好きでしょ??