小さな男∧静かな声

「小説」が好きな人に、「小説以外」の本を薦めるブログ。趣味も入っています。

【台湾旅行】台南の究極的隠れ家カフェ、窄門珈琲(ナロードア)に行った。

 

先日、台湾に一人旅に行ってきました。

 

初の台湾だったので台湾らしさを楽しもう!!と張り切って向かったのですが、一番の思い出は九份でも小籠包でもなく、窄門珈琲(ナロードア)という喫茶店でした。

 

f:id:rapunte:20190118010228j:plain

 

この喫茶店、一番の特徴はこの入口。体を横にしなきゃ入れないほど狭い隙間に誘う看板。

 

f:id:rapunte:20190118005308j:plain

 

通るとその脇の壁に扉が。

 

f:id:rapunte:20190118005410j:plain

 

階段を上る。

 

f:id:rapunte:20190118005523j:plain

f:id:rapunte:20190118005553j:plain


とうとう店が見えた。

 

f:id:rapunte:20190118005632j:plain

 

店内に入ると店主さんが。こちらが日本人だと分かると慣れた対応をしてくれました。

 

こちらが店内。中は広くて、趣きがヤバい。

 

f:id:rapunte:20190118005713j:plain

 

注文方法は紙に頼みたいメニューを書いて渡すだけ。かなり楽です。

 

メニュー。日本語表記バッチリです。(各メニューの詳細は無し)

 

f:id:rapunte:20190118005755j:plain

 

窄門珈琲の成り立ち。考えさせられます。

 

コーヒーを注文。特製コーヒーチョコレートも頼みたかったけど……。

 

f:id:rapunte:20190118005856j:plain

 

めちゃくちゃ美味いー。落ち着く味です。

旅におあつらえ向きなブックカバーと一緒に。

 

f:id:rapunte:20190118005827j:plain

 

今回は頼みませんでしたが、「窄門珈琲特製コーヒー」が名物らしいですね。

 

台湾は車やバイクの音が終始響き、何だか落ち着かない街ですが(その異世界感を楽しむのも旅の醍醐味ですが)、このカフェはそれらの騒音から隔絶された、カタルシスを感じる空間でした。

 

f:id:rapunte:20190118005923j:plain

 

窄門珈琲は台南にあります。

台南は首都の台北から高速バスで4時間ほど。(往復3000円強くらいでしょうか)

台湾旅行の一日を台南で過ごすのもいいかもです。

 

 

p.s.

狭い通路、窄門珈琲の扉を通り過ぎると……

 

f:id:rapunte:20190118010026j:plain

 

f:id:rapunte:20190118010126j:plain

・・・次回に期待か。