小さな男∧静かな声

「小説」が好きな人に、「小説以外」の本を薦めるブログ。趣味も入っています。

ブックカバー集めの楽しみ方

 

「ブックカバー収集」という奇特な趣味を持っています。

だいたい、200枚くらい集めてます。

 

「表紙を隠す」という機能だけにブックカバーの価値を置くなら一枚あれば充分なんですが、じゃあ、そんなにカバー集めてどうするの?と言われたら、

「組み合わせを楽しむんだよ!」

と答えます。

 

ブックカバーをたくさん持ってると、「ピッタリ!」な組み合わせに出会えるんですね。

 


f:id:rapunte:20190404232303j:image

 

例えばこれとか。

落ち着いたファンタジー小説にとてもよく合う配色。

 


f:id:rapunte:20190404232424j:image

 

ポップ系がピッタリハマった組み合わせ。

手の中でポッピンポッピンします。


f:id:rapunte:20190404232139j:image

 

新潮文庫のプレミアムカバーをくるむのは、いつも忍びない思いをするんですが、先日至上の革カバーを手に入れました。

 


f:id:rapunte:20190404232930j:image

 

ピアノ調律師の小説にはクラシックなカバー。

丸善の特製カバーなんですが、梟と鎧のマークがピッタリです。

 



f:id:rapunte:20190404233145j:image

これは自信作。

キャラクター物は合わせる本が難しいんですが、いい本とのコンビを組めたときは心の中で小躍りします。

 


f:id:rapunte:20190404233311j:image

 

新書でも。

思考を深める猫ホームズ。。。

 



この本にはどんなカバーが合うかな〜と考える時間が楽しいんです。

 

www.chi-shizu.net