小さな男∧静かな声

「小説」が好きな人に、「小説以外」の本を薦めるブログ。趣味も入っています。

【エッセイ おすすめ】今まで読んだエッセイを特徴ごとにまとめてみた

エッセイは「筆者が日常から感じたことを綴る」というフォーマットが同じな以上、そのスタイルの違いが際立つのが面白いなーと思います。 なのでエッセイ本は色んな種類を読めば読むほど楽しい気がします。 僕の本棚に置かれたエッセイ本の特徴を、備忘録がて…

星野源『桜の森』歌詞のエロさを棚に上げ新説を試みる

『桜の森』ってエロいよね 歌詞 新説①:才能開花の歌? 新説②:死にゆく「君」? 終わりに 『桜の森』ってエロいよね 星野源の曲の中では『桜の森』が一番好きです。 歌詞全体のストーリーが好き。春の森の中で、「ただ僕は君をみている」だけ。 こんな風景…

パンダ柄のブックカバーいろいろ。

所持品のブックカバーをあさっていたら、意外とパンダ柄のカバーがたくさんあったので、紹介したいと思います。 リンゴ持って浮かれてるパンダ。 どことなく楽天カード感あります。 同じシリーズで、背の順パンダ。 一番左のパンダの気持ち、分かりますよ。 …

『史上最強の哲学入門』感想。その書名に偽りなし。

革命的な分かりやすさ 入門のその先 健全な青年なら、誰でも一度は「哲学やりてえ」と思ったことがある。ご多分にもれず、僕もそうだ。 とはいえ、哲学をやる、といってもどこから手をつければいいのか分からない。「純粋理性批判」なんていきなり読めっこないし…

『自分の言葉で語る技術』を読んで自分なりの文章を考えた

自分の文章が書けない・・・ 「聞いたことある」は自分に責任がある 自分の言葉を使う勇気 自分の文章が書けない・・・ ブログまでわざわざ開いて好きな本の紹介ナンカしていると、文章力についての悩みは尽きない。 いや、文章力というより、”伝える力”不足…

読書好きの僕はこんなプレゼントがほしい。

①ブックカバー ②読書枕 ③コーヒー、紅茶、お茶菓子 ④お散歩マップ ⑤図書カード ⑥電子書籍リーダー 本を贈るなら、興味はあるけど手を出しにくい本 終わりに プレゼントを贈るときは、相手の好きなものを選びたい。 例えば読書が好きな人になら、読書関連グッ…

読書好きなら100%はまる現代短歌の世界。『ぼくの短歌ノート』感想

読書好きがはまる短歌 僕が好きだった短歌 「エモい」時代に流行る短歌 短歌と聞くと、なんか格調高いというか、お堅いイメージを受けます。ぴしっと背筋が伸びるような。 そんなイメージを払拭してくれるのがこの本。 ぼくの短歌ノート posted with ヨメレ…