ブックカバー

GWの読書はこのブックカバーで。

 

 

ゴールデンウィークの読書はどうしようかなあと思って、丁度よさそうなブックカバーを僕のコレクションから引っ張り出しました。

 

f:id:rapunte:20190422214947j:image

色とチェック柄が超5月感。

芝生の上で開きたくなるようなカバーですね。

 

f:id:rapunte:20190422215133j:image

アップリケが付いた童心想起力バツグンなブックカバー。公園いきたい。

なんかGWって子どものイベントって感覚がまだ拭えてないです。

 

f:id:rapunte:20190422215445j:image

 

こちらも爽やかで春っぽいブックカバー。

休日のまったり家読書に合いそうですね。

(このブックカバーは見た目以外にも激推ししたいポイントあるので、近いうちに記事書きます)

 

f:id:rapunte:20190422215700j:image

 

連休使って遠出するなら。

オシャレ度高めの革カバー。

 

f:id:rapunte:20190422215852j:image

お出かけするなら便利なポーチ柄。

カバンの中で本が開くのを防いでくれます。

 

f:id:rapunte:20190422220012j:image

「ブックポーチ」とかいう謎カバー。

ブックカバーをそのまま肩がけして持ち歩けます。

 

f:id:rapunte:20190422220147j:image

GWの定番行楽スポット、「花やしき」のお土産ブックカバー。

よく見ると「花」のマークが……!

 

 

お出かけするならお出かけ用のブックカバーで。